桜リクルート社からのご挨拶

beach

 今日、世界の国境のボーダーレス化は超加速度的に進行しています。 もはや1つの国家の中だけで一切の政治・経済・文化・学術的な活動を完結することは不可能であるともいえます。 例えば、日本国内においては、合計特殊出生率の低下がもたらす今後の人口減少問題により、国内企業のマーケットの減少や、特定分野における労働力の慢性的な不足、また大学などの各種教育機関の淘汰など、かつては潜在化していた様々な問題が現実に叫ばれるようになってきているのはご存知のとおりです。 日本が自給自足できないのは決して食料だけではなく、もっと多くの要素があるということに気づいてる人はどれだけいるでしょうか。 従来の閉鎖的な日本のままでは、もう未来はないのです。 今まさに「真の開国の時代」が訪れているのではないでしょうか。

 一方で日本とアジア周辺国との間の経済格差や技術格差などは依然として大きな差があり、アジア各国からよせられる日本に対する期待は日に日に高まってきているのもまた現状です。 事実、日本で起こり得た多くの分野でのトレンドが半年後には台湾や香港へ、そして1年〜2年後には東南アジアに上陸していくことが、そのことを物語っています。 そして今その潮流はインドなどの南アジアやさらに中近東など世界で最も巨大な新興マーケットへと押し寄せています。近年のインターネットや衛星放送の爆発的な普及により、アジアの人々は想像しているよりも「日本」のことをよく知っています。さらにASEAN地域では6億人弱という日本の約5倍の人口とGDP1.5兆USドルという巨大なマーケットを抱え、しかも若年層の人口シェアが高いという特性も加えると、この地域が爆発的なエネルギーを持った将来性の高いマーケットであることに異論を唱える人はいないでしょう。

 私たち桜リクルート社マレーシアはASEANの中心である国際都市クアラルンプールに本拠を置き、「日本とアジアの架け橋」の役割を果たすことで、新しいマーケット拡大支援、適切な人材・労働力のご紹介、学術交流のお手伝いなどを通じて、様々な切り口からアジア間の国際交流に寄与していきたく考えております。


当社がマレーシアに本拠を置く4つの理由

鵜子 幸久 Managing Director / 社長取締役


略歴/ Personal History

ビジネス画像

  1964年京都にて生まれる。大正時代に曾祖父がカリフォルニア・サクラメントに移住のため渡米、その地で生まれた祖母を持った影響で、幼少のときより世界に飛び出すことを決める。京都産業大学外国語学部卒。

  1987年、株式会社リクルート入社。ホットペッパー(無料タウン情報誌)の神戸・大阪エリアの創刊に携わり各地の初代編集長を務める。同時に兵庫エフエムラジオ放送(Kiss-FM KOBE)の番組審議委員兼務。また地元関西のテレビやラジオ番組にナビゲーターとして出演。

  38歳の時にリクルート卒業、人生後半の夢を実現する場所を探すためアジア全域22ケ国を回り尽くしたが、各採点項目で最も高得点がついたのがマレーシアで、最終的に2003年にクアラルンプールにて桜リクルート社(Agensi Pekerjaan SRM.Sdn.Bhd.)を創業。家族ごと当地に移住し、「人材紹介事業」・「ビジネスコンサル事業」・「日本の学校機関誘致事業」を通じて、アジアと日本との架け橋になるべく現在活躍中。 桜リクルート社社長取締役のほか、桜コンサルタント社取締役、サイバーライト社取締役を兼任。

  2012年10月「週刊AERA」の”日本人子育て移住の激増”テーマ記事では現地識者・コメンテーターとしてマレーシアの教育風土の利点を解説。 2013年新春の「朝日新聞日曜版(GLOBE)」、NHK-BS1テレビ番組の「グローバル・ディベートWISDOM」では、浜矩子氏らとともに”日本の若者のアジア転職”についてのバックグラウンドを語った。2014年年頭のAERAでは「アジアで勝つ100人」に選ばれる。他にも日本ナンバーワンビジネスマッチングサイト「出島」の維新コラムで、毎月連載記事を執筆中。成長著しいマレーシアの生の情報を日本に発信している。

  プライベートでは、酒と作曲とバンドでの楽器全般の演奏、ゴスペル・コーラス、アジア各国の民族音楽の収集など音楽をこよなく愛する。座右の銘は、『しなかった後悔よりは、してしまった後悔のほうがいい』

Page Top

はじめに

地図はこちら


パブリシティ

PORTERS MAGAZINE(ポーターズマガジン) Vol.026  当社が 「PORTERS MAGAZINE(ポーターズマガジン)Vol.026」(ポーターズ)に掲載されました。


リクルート出身コンサルタント名簿2015  当社社長の鵜子幸久が 「リクルート出身コンサルタント名簿2015」(SeeSawBooks)  に掲載されました。


週刊AERA 10/8号  当社社長の鵜子幸久が 週刊AERA 2014年新春号 にて「アジアで勝つ日本人100人」に選ばれました。


Global Debate Wisdom 当社社長の鵜子幸久がNHK討論番組「Global Debate Wisdom」に出演。労働のグローバル化について語りました。


週刊AERA 10/8号  当社社長の鵜子幸久が 週刊AERA 10/8号「マレーシア子育て移住」テーマ記事で解説/コメントしました。


アジア転職読本 当社が、「アジア転職読本」(翔泳社)で紹介されました。マレーシアでの転職活動や現地生活情報が満載です!


アジアビジネス成功術 当社社長の鵜子幸久が 「日本人だからできるアジアビジネス成功術(ベストセラーズ)」にて紹介されました。



リクルート式仕事術 「マレーシア進出完全ガイド」(カナリア書房) 当社取締役の諸江修が書いたマレーシア進出のバイブルです。


リクルート式仕事術 当社社長の鵜子幸久が 「起業家を続々と輩出するリクルート式仕事術」(ぱる出版)にて紹介されました。







dijima column